案内す医者

早急に治療を行う

心筋梗塞のことが知りたい方は、こちらに症状や予防法が載っていますので是非ご覧になってみてください。

脳動静脈奇形で生じる色々な症状

脳動静脈奇形とは、主に母親のお腹の中で発症する血管の病気です。脳動静脈奇形は、正常な人にはある毛細血管が先天的に欠損しています。そのため、頭の中で動脈と静脈が直接つながった状態にあります。動脈の血が直接静脈に流れ込むので、血管がとぐろを巻いたように固まっているのが特徴です。脳動静脈奇形になると、体に色々な不具合が起こります。まずは、血管に非常に高い圧力がかかるので、いつでも破裂しやすい状態になります。それで破裂をすると、脳出血、くも膜下出血を起こすことになります。その場合、麻痺などの重い後遺症が残ったり、最悪では死亡する恐れもあります。また、脳出血を起こさなくても、てんかん発作や痴呆症状を起こす事もあります。

病院での具体的な治療方法

脳動静脈奇形は、すぐに病院で治療する必要があります。治療方法は、脳動静脈奇形を切除する外科手術が有効とされています。基本的に手術方法としては、開頭手術による摘出が行われます。直接、脳動静脈奇形の箇所を取り除くことができるので、最も効果がある治療法です。その他にも脳血管内治療による塞栓術も有効な治療法です。これは、カテーテルを足の血管から入れて、血管で固まる液体を流し込んで治療する方法です。この施術では、頭を切らずに治療ができます。 その他にも、放射線治療も行われます。これは、ガンマナイフという照射装置で、脳動静脈奇形箇所に集中的に強い放射線を照射する治療です。脳の深部でも治療が可際なので、有効な治療法法です。

その頭痛の原因は脳ドックを京都で受けることによって解明する可能性があります!早期治療を目指しましょう。

生活習慣を見直す

心筋梗塞は誰にでも発症する病気となっており、近年は若い人でも発症してしまう恐ろしい病気です。しかし、心筋梗塞は日頃の生活習慣を改善することによって予防することが出来るといえるでしょう。

Read more

生まれつきの病気

脳動静脈奇形は、生まれつきでなる病気になるため突然脳動静脈奇形になることはありません。脳動静脈奇形になってしまうと放置してしまうことで脳出血を起こす危険性もあり、早めに治療することが望ましいといえます。

Read more

評判で選ぶ脳神経外科

脳動静脈奇形は脳の病気になっており、脳神経外科を利用することで治療することが出来ます。また、手術方法には様々なものがありますが病気の進行状況によって手術方法は異なってくるといえます。

Read more