生まれつきの病気

脳動静脈奇形の原因と注意すべき点

脳動静脈奇形という病気を聞いた事がありますでしょうか。脳動静脈奇形は、あまり一般的ではなく比較的珍しい疾患です。通常、動脈は毛細血管となり、その後ガス交換をした後に静脈へと繋がっていきます。これは出生前に完成されるのですが、母体内で胎児の時に脳の血管の一部が毛細血管に別れる事が出来ず、そのまま静脈と直接繋がってしまう疾患です。いわゆる先天的な生まれつきの疾患です。脳動静脈奇形を流れる血液は、一旦毛細血管に繋がる動脈が直接静脈に繋がるため、毛細血管となって圧が分散される動脈圧がそのまま静脈に加わってしまうのです。注意すべき症状としてはやはり頭痛や、麻痺などがあります。脳動静脈奇形は脳出血を起こしやすいので、くも膜下出血の症状や、脳内出血の症状を起こします。

診断と治療のポイント

脳動静脈奇形は先天的な疾患で、症状が無い場合はなかなか診断の難しい疾患です。症状があれば、各種検査をしていきますが、出血を起こしていない脳動静脈奇形でもCTやMRIで診断可能な事があります。この画像検査で、脳動静脈奇形を疑った場合はカテーテル検査による脳血管造影をして診断していきます。CTやMRIだけでは、出血をしていることはわかっても原因まではわからないことも多いので、脳血管造影のカテーテル検査で最終的な診断に至ります。そして、脳動静脈奇形と診断されると、いわゆる内服での治療方法はありません。出血のリスクが高いと判断されれば、開頭手術になります。脳動静脈奇形の入り口と出口を遮断し、直接切除する手術になります。他にも放射線治療(ガンマナイフ)やカテーテルによる塞栓術などがあります。